老人は過去に生きるしかない

錬金術

「1570 日経レバ」
300-4-5-9-3.jpg

<2016年12月>
根拠買単価投資資金残金根拠売単価回収資金元金500,000
下落3本目引け13230489,51010490高値割込み陰線引け13360494,320504,810
切り返し陽線引け13480498,7606050三本目引け14340530,580536,630
切り返し陽線引け14700529,2007430三本目寄り14960538,560545,990
1本目陽線引け14900536,4009590三本目寄り15170546,120555,710
下落3本1本目陽線引け14480550,2405470三本目寄り15140575,320580,790



「1570 日経レバ」 
300-4-5-9-1.jpg

<2017年1月>

 ~ 略 ~

  1. 2017/02/12(日) 18:38:17|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:2

現状報告

70ぐらいに人生のゴールのフラッグを立てていたが。。。

どうやら、、60台でゴールを迎えそうな予感がしてきた。

死因は、、、これも予想通り、、呼吸不全、、、

人生、計画通りに生きて、計画通りに死んでいく。
これほどまでに思い通りに生きられたことに感謝である。

2年前の最後のオフ会。
あの時すでに痰と咳に犯されてた。

あれから日に日に悪化の一途をたどり、ついに正月を超えてから。。。
2度ほど死を覚悟した。

いままで熱が出ようが、脱力感に陥ろうが、激しい腹痛に襲われようが、、、
一日、二日、耐えれば回復した。

が、、、いまの痰の絡みと激しい咳は、、日に日に激しくなる。

毎晩、激しく咳き込み、気管支に詰まった痰を吐き出す。
ときに熟睡中に、、痰が絡み、呼吸困難に陥って七転八倒。。

これも人生50年、大量の煙草を吸い続けてきたことの結果、、、
このような死に様は当然覚悟のうえ。

明日は無い人生。

孫との時間に楽しみを見つけるが。。。
なにせ体力が落ちて、3歳の孫について歩けないという醜態。

これが最後の記事になるのだろう。


  1. 2017/02/09(木) 00:06:47|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:10

正月とは

世の中の愚か者どもは、恵方を拝んで屠蘇を飲み、長寿、子孫繁栄を祝って浮かれているが、元旦はそんな暢気なものではなく、年の初めに一年のことをじっくり考える。それが本当の祝いと言うものである。

~ 毛利 元就 ~

  1. 2017/01/03(火) 09:42:54|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

お正月

穏やかな晴天。

正月と言っても何も変わらない日常。
どこの家にも〆飾りなど飾ってない。

スーパーやコンビニなどの店舗にも最近は門松などは建てない。
一時期のように車に〆飾りを飾っている車など見かけない。

いつもと同じように老人たちが農道を散歩している。
出会っても「おめでとう」と言う人はいない。「おはよう」である。


いままで1月1日だけが、、なぜ目出たいと言うのか納得できないものもあったが。。
ようやく世の中が私の感覚と同化してきた。。そんなことを思う。


  1. 2017/01/01(日) 09:59:48|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

なぜ???

警察組織を辞める前の5年間の出来事を書いてるこのブログを読んでの感想として、、

なぜそこまでできるのか?

というコメントをいただいている。

課長に昇任(可児署に赴任)する前までは、目立たず、逆らわずで45年間生きてきた。
それがなぜ45歳になって、、突然、やる気を出したのか?

私にも分からない。

そういう宿命を背負わされていた。
そんなものかも知れないと今は思う。

可児署の2年半、福利厚生課の2年半、ちょうど45歳から50歳。
ここが私の人生のピークであったと、今では思う。
何が私を突き動かしたのかは、いまでも分からない。


きょうの昼ころ、1歳半の孫と町内を散歩していた。
すると、、、一人暮らしをしている老婆が、ポテトチップの袋をもって、家の中から飛び出してきて、孫に「お家に帰って食べや~ね」と言って手渡してくれた。

びっくりである。
なにせ、その老婆は近所でもケチで有名な人なのである。
「もらうものならゴミでももらうが、出すものは舌も出さない」との評判のある老婆である。

そんなケチな老婆が、何を思ったのか、、、
孫が歩いているのを家の中から見つけて菓子袋をもって飛び出してきたのである。

人間なんてそんなものかも知れないと思う。

何かが老婆の心を突き動かしたのだろうが、、、
多分、その老婆に、、、なぜ??と聞いても理由は分からないだろう。

そんなものだと思う。


  1. 2016/12/25(日) 22:35:48|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:chance2005
管理人::諏訪真吾


カテゴリ

私小説(戦い終えて日が暮れて) (51)
影響を与えた言葉 (5)
人生のエピソード (4)
ひとりごと (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク