老人は過去に生きるしかない

幸せこそが仕事の目的

社会に出て1年が過ぎ、試用期間が終わって5日に1度の当直勤務に組み込まれることになった。
私の班の当直長は、総務係長の山瀬警部補。当時50歳過ぎていたと思う。

豪傑タイプの人で、署長であろうが、副署長であろうが、相手によって態度を変えるという人ではなく、自分が正しいと考えたことはズバッ!ズバッ!と言い切る人だった。

高卒ではあったが、刑法、刑事訴訟法、警察官職務執行法、すべて丸暗記しており、法令集など開かなくてもスラスラっと条文を答えられる優秀な人で、上層部に好かれはしなかったが、一目置かれている、、そんな雰囲気をもった人であった。

私は2年間、この山瀬警部補班の当直勤務員たちと寝起きして、いろいろなことを教えてもらった。

高卒で警察官を拝命して以来、猛烈に勉強し、必死に仕事に励んで、念願の刑事になった。昇任試験は、巡査部長試験一発、警部補試験一発で合格し、当時は、エリートコースで出世街道まっしぐら、県警幹部になるのは間違いなしと誰もが思っていたそうである。

それが警部補昇任後、昇任試験の受験を止めてしまった。やがて刑事の職からも外され、窓際である総務係長の職に甘んじてしまった。もう20年近くも警部補の階級を続けている、出世できる能力があるのに、出世を目指さない、そんな変わり者との陰口を叩かれていた。

ちょうど2年目に入ったある日、山瀬警部補と仮眠に入った。
それまで疑問に思っていたことを聞いてみた。
「署長になれる能力があるのに、なぜ試験を受けないのですか?」

俺は、海津(岐阜県南部)の水飲み百姓の次男坊だったから、子供のころから出世志向が強かった。しかし大学へ行ける金もなく、出世するには自衛隊か、警察官か、と考え警察官を選んだ。自分で言うのもなんだが、、頭は良かった。昇任試験も簡単に合格できた。そして警部補に昇任し、刑事としてもバリバリと仕事に励んだ。ここまでは子供のころからの夢、署長になって威張ることしか頭の中になかった。

がっ!

30過ぎたころに自分の生き方に疑問を持った。
「働く目的は、何なんだ」
「出世イコール幸せなのか?」

結婚して5年、子供はできなかった。刑事の仕事柄、仕事仕事で家に帰る日も少なく家庭(妻)のことなんか考えていなかった。そりゃあヤルことやってないんだから子供ができるはずがない。これで署長になって幸せなのか、、、そう思った。

そう思ったとき、「虚しい」という気持ちに襲われた。

それで出世を目指すのは止めた。仕事も家庭優先に切り替えた。当然、家庭を優先に考える者に刑事が務まるはずもない。それがいまの俺だ。このまま家庭優先で退職まで生きて行くということだ。

人間とは愚かな生き物だと思う。幸せになるために仕事をする、、、、これが仕事をする唯一無二の目的なのだ、、、が、、いつしか出世することが目的と化して、「幸せになるために仕事をする」という初期の目的を見失ってしまう

金を稼いで、家族との生活を優先する。これが幸せであり、このために仕事をする。これが人として生きるということ。

仕事をするとは金を稼ぐこと、、、と考えてみたまえ。

「出世する→収入が増える」ということになるから「金を稼ぐには出世する」ということになるが、それは思い込みであって、現実はそうはいかない。

たとえば警部補(係長)程度なら部外者との交際がないから、高級な背広や靴は要らないが、署長になれば、外部の社会的地位のある人間と交際しなければならなくなる。そうなれば当然、その身分相応の服装が必要になる。飲み代などの交際費も高級な店に出入りすることになるので、係長が部下を連れて居酒屋で飲むようなわけにはいかない。

つまり出世で収入は増えるが、出世することによって増えた収入以上の出費が出ていく。すなわち差し引きすれば出世すればするほど、家庭に残る金は減っていくということになる。「仕事をするとは金を稼ぐこと」と考えるなら、出世とは、仕事をするという目的とは外れたところにあるということになる。


  1. 2017/01/29(日) 11:50:15|
  2. 影響を与えた言葉
  3. | コメント:1
<<現状報告 | ホーム | 人と比べることに意味はない>>

コメント

男の値打ち

どこかに書いてありましたね。こうでありたいと思う姿を目指すのが男の値打ち。このときは諏訪様の師匠の方の言葉でしたか・・同じですね。
  1. URL |
  2. 2017/02/06(月) 22:45:52 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chance2005
管理人::諏訪真吾


カテゴリ

私小説(戦い終えて日が暮れて) (51)
影響を与えた言葉 (5)
人生のエピソード (4)
ひとりごと (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク